障がい者歯科

障がい者歯科とは、心身に障がいを抱えている方や、何らかの理由で受診が困難な方を対象とした歯科診療のことをいいます。具体的には、さまざまな障がいや疾病の状態に配慮しながら、安全な治療計画をたてて実施します。 治療がすべて終了した後は継続的な口腔管理を実施し、障がい者の健康増進をはかります。対象者としては、例えば、知的な遅れや自閉症などのために、歯の痛みを訴えられない方や治療の必要性が理解できずに、上手に協力的に受診できない方、身体の不自由や緊張から、治療を受ける姿勢が困難な方などです。

診療は障がいの程度よって、患者さん、それぞれの障がいを理解し、保護者や介護者の方たちと十分な相互理解のもとに診療を行います。

知的な遅れのある人には、診療室、スタッフ、器具や治療に慣れてもらいながら治療をすすめます。それには、治療の順番を伝える絵カードや視覚支援カードなどを利用することもあります。

治療中の姿勢を保つためにクッションなどを利用したり、安全のために、身体が不意に動き出さないようなコントロールを行ったりします。

点滴注射と安定剤などを利用して、ウトウトしたリラックスした状態で治療を行ったり、時には、全身麻酔を利用し、痛みを感じずに、集中的に治療を行います。治療の他にも、歯みがきの順番カードを利用しての歯みがき指導や、ご自身ではみがききれない部分のクリーニング、口腔のケアを行います。日々の食事の時の姿勢や食べ方、食べ物や飲み物の形態についての指導や助言を行います。

 

当院では愛知県歯科医師会障がい者歯科認定協力医の院長が障がい者歯科診療をはじめ、岡崎歯科総合センターでの障がい者歯科も担当しており、さらに愛知学院大学歯学部付属病院の小児歯科(障がい者歯科)、岡崎市民病院の口腔外科、一般の医科の先生方と連携して、障がい者歯科診療に対応しております。

 

.jpg