全身疾患と歯科治療

当院では全身に疾患をお持ちの方が、歯科治療を受ける前に知っておくべきことについてご紹介しております。

はじめに、高血圧症の方です。薬を服用されている方が多いと思いますが、血圧がコントロールされている方は、さほど問題は少ないのですが、コントロールされていない方は、緊張や痛み、歯科麻酔薬などの刺激により、血圧の変動を起こす可能性があるので注意が必要です。

次に心疾患の方も、薬を服用されているかたが多く、例えば血を固まりにくくする薬を飲んでいる方は、抜歯や手術時には十分な注意が必要です。また、ペースメーカーなどを使用している場合は事前お知らせください。

 脳血管障害(例えば脳梗塞、脳出血)の方も、血を固まりにくくする薬を飲んでいる方が多く、抜歯や手術時には十分な注意が必要です。

また、麻痺による後遺症がある方は、誤飲や嚥下の問題を考慮し治療に十分に注意が必要です。

糖尿病の方については、歯周病は糖尿病の第6の合併症とも言われ、密接な因果関係があることも判明してきました。慢性炎症としての歯周炎に対する適切な治療を行うと、糖尿病のコントロール状態をあらわずHbA1C(ヘモグロビン・エイワンシー)の改善がみられることが明らかになってきたのです。そのため現在では、歯周病の早期改善が重要視されています。

その他、最近では、骨粗しょう症やがんの治療薬として使用されるビスホスホネート製剤などが歯科治療時に注意が必要であるので十分配慮が必要であると思われます。

いずれにしても、既往歴や現病歴が治療に大きく左右する場合があります、また現在服用している薬に関しては、お薬手帳などをご持参していただくなり、又はドクター、スタッフに教えて頂ければ幸いです

 

 

.jpg